採用recruit

エスディーピーの英文社名 “System Development Pioneer” は、“システムならばパイオニアとして作って行こう” の意味で、ハードウェアからソフトウェアまでシステムに関するトータルサービスができる会社になることを目指しています。

そのためエスディーピーは、広い範囲のIT知識と技術を持ち、協調性・勤怠など自己管理ができる人材を求めています。

自分の技術をもっとスキルアップしたい人は、ぜひエスディーピーにご応募ください。私たちが全面的にサポート致します。

採用担当者より

エスディーピーが求める人材は。。。

  • 知識欲旺盛で誠実快活な人
  • 人との繋がり-和-を重んじられる人
  • 自己管理が行える人
  • この3点が仕事としてプロの条件を満たす基本資源だと考えています。
    さらに
  • チャレンジ精神があり最後まで業務責任を負える人
  • 勇気を持ち決断を下せる人
  • この2点が加わればリーダーとしての資源も充分な人材だと考えています。

個人の成長を全面的に支援します。

私たちは、エスディーピーのスタッフ一人一人の、「個人」の成長は企業の成長であると考えています。ですから全スタッフの技術的スキルアップやモチベーションアップ等、プロとしての人材成長を会社として全面的に支援します。「企業は人なり」と申しますが、まさしく私たちはその精神を実践しております。

モノの成果だけではなく、”行き方”や”人間性”に対しても評価します。

エスディーピーでは、社内開発業務・取引先出向業務に拘わらず、上記の人材像であり、下記の各点も評価対象として報酬面に反映させていきます。

  • 幅広く深く知識探求を行える(スキルUPへの努力を惜しまない人)
  • 自然と友達が集まってくる(友達に信用があり、一緒に仕事をしたくて集まってくる人)
  • 取引先(客先)での作業を拡大できる(取引先に信用期待され、業務の拡大や延長を求められる人)

応募要項

正社員

勤務時間
基本時間9:00~18:00(残業有)
※勤務地によりフレックス制もあります。
勤務時間は特別な理由が無い限り勤務先に準じます。
勤務地
本社(東京都新宿区大久保)
当社取引先
給与
月給25万円~80万円
○残業代別途支給
※経験能力を考慮し面接時に相談の上決定
※試用期間/3ヶ月間
※実務未経験者/OJTによる2~3ヶ月間の見習い期間有/月20万円
【年収例】
400万円/26歳 PG/経験2年
620万円/30歳 SE/経験8年
福利厚生
各種社会保険加入
昇給年1回(毎年4月)
残業手当
通勤交通費全額支給
家族手当
各種インセンティブ
※その他経費は全額支給致します。
休日休暇
完全週休2日制(土日)
祝日、夏季、年末年始
有給(初年度より12日間)

契約社員

勤務時間
基本時間9:00~18:00(残業有)
※勤務地によりフレックス制もあります。
勤務時間は特別な理由が無い限り勤務先に準じます。
勤務地
本社(東京都新宿区大久保)
当社取引先
給与
月給35万円~100万円
○残業代別途支給
※経験能力を考慮し面接時に相談の上決定
【年収例】
500万円/26歳 PG/経験4年
850万円/30歳 SE/経験10年
休日休暇
完全週休2日制(土日)
祝日、夏季、年末年始

募集職種

  • プロジェクトマネージャー
  • ※ご経験された業種は問いません。
  • システムサーバーエンジニア
  • ※ご経験された業種は問いません。
  • プログラマー

応募方法

  • TEL03-6205-5325営業時間内(9:00~18:00)受付
  • ※土、日、祝日は休業となります。
  • FAX03-6205-5326時間受付

スキルアップ ショートセミナー

今は汎用大型機のSE(PG)だけど、OPEN系に移りたい。

自らOpen系の勉強はしていますか?まずは目指すOS環境や言語の独学から入りましょう。
独学が難しいのならショート期間のスクールに通うのも良いでしょう。
当社でも技術スタッフに無料で、経験・資格を有するスタッフが講習(web系開発、Oracle認定試験等)を行っていますが、これはあくまでもサークル的な集いで、試験対策に役立つか否かは本人の努力次第です。
ですから自ら学ぼうとする意欲が一番大事なのです。
さらに、一時的に収入はかなりダウンします。汎用大型機で10年以上のキャリアがあっても、OPEN系では初心者なのですから。しかし、職場環境はマシン・言語の違いを除けば大方一緒なので、当然、新人とは異なり、吸収力や環境順応力はかなり高いはずです。あとは貴方がどれだけ集中して短期間で習得できるかに掛かっています。

MSやORACLE等の認定資格を得るため、精通した仕事に就いて勉強したい。

例えばORACLEの開発環境にいて、ゴールド・プラチナを狙っていても、現場の環境を個人の知識のために変える事はできません。また、自宅で環境を作るのは費用面から見ても大変です。なので現場に迷惑の掛からぬよう勉強のためのマシン開放を当社の営業部門から取引先に交渉する事ができます。ただし、当然ですが勉強時間は作業時間に加算されません。

SEとPGの境目は何?年数?経験?それとも「SE」って宣言すること?

SE(システムエンジニア)になるには、「システム設計」、「環境設定」、「業務」の各知識を得ることが第一です。
それとスケジュール管理、納品物の品質精度チェック(テスト)の知識も求められます。
これらは年数では計れません。感性(センス)が重視されます。
ただ、早期にSEとして活動する人の多くは、PG時代にプログラム作成だけに集中せず、SEや取引先(客先)担当者とのコミュニケーションを常に図り、自分の担当分野以外の知識欲が旺盛です。